猿人WORK

2022/06/21

自由度が高い社風と、自分で決められる働き方【はるちゃん 後編】

「自由度が高い社風と、自分で決められる働き方。
その分責任は生じるけれど、それすらも楽しんでいけたら」

入社時、「出勤時間を早めたい」と相談した。
そして現在、私は人よりも少し早めに出社している。

自分の好きな働き方で、自分のやりやすいやり方で、
そして自分の判断で、仕事を進めていく。

今後は時間をもっと上手く使い、業務をコントロールしながら、
自分のやりたいマーケティングにも、力を入れていきたい。

プロフィール

  • はるちゃん
  • 制作ディレクター 兼 マーケテイング
  • 2020年4月21日入社

猿人のマーケティング活動の主軸は、
「座組」と「自治体DX友だちの輪」

2020年、猿人にマーケティング部が立ち上がる。

もともと猿人にはマーケティング部がなく、私が入社した2020年に新部署として立ち上がりました。
従来のマーケティングは、企業のサイトを作ったり、メルマガを配信したりと、“お客様に認知してもらうための施策”が中心でした。
しかし、猿人はもともと新規開拓をあまりしないこともあり、自社でプロモーションを発信することをこれまでやってこなかった。
そこで猿人では、マーケティング活動の主軸として「座組」「自治体DX友だちの輪」が誕生したんです。

討論会型オンラインセミナー「座組」

座組とは、視聴者の業種・職種における「課題」をテーマに設定し、そのテーマに対して有識者やパネリストたちがディスカッションを行いながら、解決策や方向性を見出していくという《討論会型のオンラインセミナー》です。
多くの企業の知見を共有し合い、新しい指針や働き方、業種特化の課題などを論じながら、あらゆる有益な情報をユーザーに提供することを目的としています。

自治体職員と、支援するITベンターのコミュニティ「自治体DX 友だちの輪」

自治体DX 友だちの輪は、全国に1700以上ある自治体が、それぞれの地域の特性や課題に対し、デジタルをどのように推進していけば良いのかを、自治体同士で共に考えていく「場」となるべく生まれたオンラインコミュニティです。
官公庁や行政サービスのデジタル化が活発化する中で、全国で同じ悩みを持つ職員同士でデジタル化やDXについて少しずつ考えていける「場」を提供することを目的としています。

全員が多忙なスケジュールを抱えながら、互いに助け合う。
チーム形態が複雑な分、コミュニケーションは密に。

1社に対し、複数のプロジェクトが同時に走っていることも。

前職では、長期的に複数の案件を担当することがなかったため、顧客ごとの案件を把握したり業務をコントロールするのが当初は大変でした。
同じお客様でも、違うプロジェクトが複数走っているなんてことも…。
例えばパソコン1つあったとして、ハード面はお客様であるクライアント企業が作ってるけど、中身はWindows、CPUはインテルが入っていて…といったように、全てを自社で作ってるわけじゃない。
お客様によって把握する領域が異なっていたり、それらを確認しながら進めていかないといけないので、慣れるまでは苦労しました。

助けを求めたら、いつでも助けてくれる。

猿人では、たいていの場合、2人~3人の少人数でチームを組むことになります。
さらに顧客や案件によってメンバーが変わるため、チーム形態はとても複雑です。
案件ベースで担当者に相談することもあれば、上流や大枠の部分で上の役職の方に相談することもあります。
全員が多忙なスケジュールを抱えながらも、相談をすると快く答えてくれたり、助けてくれるメンバーが多いです。
猿人には、自分が大変でも、困った時はお互いに助け合おうとする空気があるんです。

自由度の高い風土と、自分の裁量で決められる働き方。
今後は、より上手く時間を使えるようになりたい。

裁量労働制で、働き方は自分で決められる。

猿人の魅力は、自由度が高いことです。
仕事のスケジュール、業務の進行、勤務時間も自分で決められます。
営業制作は裁量労働制で、仕事の開始時間や終了時間も自分で決められるんです。
逆に言えば、全て自分の裁量で管理しないといけないので、その分責任が伴いますし、業務コントロールに関してはまだまだ改善できる部分があると感じています。

「しなければいけない事を整理する力」も必要。

猿人には、自立した社員が多いです。
「自分で考えて行動する」のもそうですが、どちらかと言うと「しなければいけないことを整理する」ことや、「自分の状況を把握して、判断する」ことの方が大事だと思っています。
今何が動いているのかを把握し、必要に応じて自分で調べてみたり、理解できていない部分はすぐに誰かに相談したり。
何もかもを自分でやるという意味ではなく、自分だけで出来ること、人に聞いた方がいいことなどを都度ちゃんと判断して、行動できる自主性はとても必要です。

直近の目標は、今より上手く時間が使えるようになること。

猿人に入社する時、社員の方に「出社時刻を早めたい」と相談していました。
そして現在は、7時半~8時と少し早い時間帯に出社しています。
とはいえ、現状は終わりの時間が早いわけではないので、もっと時間を上手く使えるようになることが直近の目標です。
もちろんお客様には迷惑をかけないように、自分の中でコントロールしていきながら、理想の働き方を目指していきたいですね。

このエイプのプロフィールページへ