猿人WORK

2022/06/21

お客様が挑戦し続けるからこそ、私たちも挑戦をやめない。【ウルトラオイル 後編】

猿人から生まれる多くの新しいアイデアは、
お客様との何気ない会話や、ディスカッションの中で日々誕生する――。

変化のスピードが早い時代だからこそ、
お客様と二人三脚になり、
お客様の変化と共に、私たちも急速に変化してきました。

何気ない会話や、ディスカッションやブレストを何度も重ねる中で、
「いいな」「面白い」と思えるアイデアが生まれていく。
アイデアは自分の中から生み出すものではなく、
お客様と“一緒に”見つけていく感覚に近いかもしれませんね。

プロフィール

営業経験は不要!…… ですが、「営業意識」は持っていてほしい。
意識を持つこと自体は、新人でもできることだから。

“営業意識”は気持ち次第で持つことができる。

これまでいろんな方が入社され、中には辞めていく方もいるのですが……猿人に残ったメンバーと話していて感じるのは、みんな「営業意識」が強いということですね。
じゃあ「営業意識」って一体どういうものか。
一般的には、数字を意識したり、売上を伸ばそうと仕事を工夫したり。それはもちろんなんですけど、お客様と話していて楽しいと思えるか、ちょっとした気遣いができるか、そういったことも結構大切。
そういう営業意識を普段から持ちながら働いている方が、猿人に合っていますね。

やっぱりコミュニケーションはすごく大事。

どのお仕事もそうかもしれませんが、やはり “コミュニケーション” はすごく大事だなと、猿人に入ってからますます実感しています。
お客様商売なので、「顧客の期待に応えたい!」という気持ちを持った上で、じゃあそのためにはどうしたらいいのか? 自分で考えて動ける人が猿人には多いと思います。
傾聴力があって、コミュニケーションをしっかり取れる社員が多く、社員同士もとても仲が良いです。
実は仕事そのもの以上に、猿人の居心地が良くて辞めずに残っている人も中にはいるんじゃないかな(笑)。

新しいアイデアや、知識というのは、
お客様との雑談やディスカッションの中から生まれていく。

全てのアイデアは、お客様との化学反応で生まれる。

お客様からアイデアを求められる機会は多くあるのですが、アイデアの引き出し方にはいろんなパターンがあります。
人によっては、事前に取材先のホームページや記事をチェックして、準備してから挑む人もいますね。
僕の場合は、あるお客様とのディスカッション中で生まれた、「これいいね!」というアイデアを他のお客様にも「これいいと思いません?」と投げかけてみたり。
会話の中で得た知見・知識を、別の企業さんにも応用していくパターンが多いです。
お客様から「これについてどう思う?」という議題をいただいて、そこからブレストしながら、一緒にどんどん膨らませていくことも。

最初から自分の中にアイデアがなくても大丈夫。
お客様との対話の中で、一緒に見つけていけばいいんです。

お客様の言葉から本質をくみ取り、理解する。

営業として、「相手の言葉をしっかり理解する」のも大事です。
お客様、協力会社、社内……と、猿人ではとにかくコミュニケーションを取る機会が多い。
自分から発信すること以上に、相手の言葉をしっかりくみ取り、本質を理解する必要があるんです。
表面上だけでなく、自分が理解できるまで臆せずに相手に確認したり、勇気をもって質問することも必要だと思います。
もちろん誰でもすぐにできることではなく、経験して学んでいくことでもあります。
細かい気遣いや、対話する努力をする“気質”を持っていることも大事なのかなと。

文章のコミュニケーションもすごく大事。

最近はリモートワークが増えてきたので、「文章で相手に正確に伝える能力」も必要です。
文字のコミュニケーションって意外と難しいんですよね。
社内チャットでも、ちょっとしたニュアンスで上手く伝わらなかったりしますから。
円滑なコミュニケーションのためには、文字で何かを相手に伝える時に、誤解なく伝わるように気をつけたり、後から電話してフォローを入れてみたり、小さい努力の積み重ねが大事ですね。

1年目は大変そうにしていたメンバーが、
少しずつ成長していく姿を見ることが、今はなによりも嬉しい。

プロジェクトリーダーになってから、やりがいの視点が変わった。

現在は、プロジェクトリーダーという立ち位置になりました。
入社当時は、自分ひとりでクライアントを任せてもらえたり、仕事が上手くいった時にやりがいを感じていましたが、最近は立場も変わり、やりがいの視点が変化しつつあります。
例えば、一年目は辛そうに仕事をしていたメンバーが、お客様としっかりやりとりをして売上をあげていたりだとか。お客様が増えても、余裕を持って楽しそうに話していたりとか。
そういった、メンバーが成長してくれている姿を見ることが、今はなによりも嬉しいですね。

猿人は「ピンチ」を「チャンス」に変える会社。

コロナが直撃したことで、担当するお客様自身も大きく変化し、私たちもお客様の変化に合わせてスピード感を持って変化してきた実感があります。
オンライン化だったり、新しい取り組みにもチャレンジしてきました。
お客様が挑戦しているから、我々も挑戦をやめない。
私自身も、これからも変化を恐れずに、会社やメンバーと共にさまざまなことに挑戦していきたいです。

このエイプのプロフィールページへ